FC2ブログ

欧州時間に入り今後の見通し

ロンドン時間は、欧州通貨買いが再び強まっている。

スペイン3年債入札の応札倍率が前回を上回り好調な内容だった事等が、安心感を与えた様で、ユーロドルもポンドドルも前日の高値を突破している。

これからECB理事会が政策金利を発表する。

市場の見方は現行の1.0%での据え置きがコンセンサスとなっており、注目は、理事会後に開催されるトリシェECB総裁の記者会見となりそうだ。

欧州ソブリン問題が深刻化するなかで、同総裁が追加措置を発表するかが焦点。

ギリシャ財政問題が欧州危機を巻き起こした今年上期、5月のECB理事会で新規措置が手控えられると一気にギリシャ債が売り込まれた。

この動きに催促される形で、ECBは急遽、異例の国債購入策を発表せざるを得なかった経緯があった。

今回は、アイルランド問題が一段落したもののスペインやポルトガルへと信用不安が広がっており、欧州第四の規模を誇るスペインにまで救済が必要となれば、これまでの枠組みでは対応し切れない懸念も考えらる。

5月時点よりも、実際の状況は深刻の様です。このような状況下で、昨日の動きを見ると、市場には再びECBに追加措置を期待するムードも広がっていそうだ。

市場では、国債購入額の大幅拡大や、銀行への無期限融資の解除時期の延長などの措置が取り沙汰されており、イタリア政府関係者からもECBに断固とした措置を求めるとの記事も報じられている。

今回、追加措置が見送られれば市場に再び失望感が広がる可能性も考えられる所で、この所米国が強く、資金がドルに流れやすい事も考えられる。

米10月中古住宅販売成約指数では、大方の予想が前月比1.0%低下となっており、前月比では2ヶ月続けて低下すると見込まれております。

その他では、プロッサー米フィラデルフィア地区連銀総裁の講演、ブラード米セントルイス地区連銀総裁の講演、デューク米連邦準備理事会(FRB)理事の講演等が予定されている。

相場観は十人十色。確率は1/2+αで結果は一つ。
他の人の予想も参考になります。こちらからどうぞ。
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキングブログセンターbyGMOブログランキング【くつろぐ】ブログの殿堂FX・投資ランキング

関連記事

テーマ : FX外国為替情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
プロフィール

景気の風

Author:景気の風

相互リンク集
アクセスアップには相互リンクが有効です。
サイト内検索エンジン
↓サイト内キーワード検索↓
カテゴリ
ランキング
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキングブログランキング【くつろぐ】ブログの殿堂FX・投資ランキング
コモディティ
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ
最新記事
リアルタイムレート
為替レート&世界時計
FXの取引は「みんなのFX」で
クリックすると表示レートが変わります。 USD ⇒ドル/円
EUR ⇒ユーロ/円
GBP ⇒ポンド/円
AUD ⇒豪ドル/円
NZD ⇒NZドル/円
javascript電卓
電 卓
アマゾン投資本
ピアノ(※音量注意)
クリックで音が出ます
算数力トレーナー
Flashリバーシ
数独パズル
ホンダレースゲーム
FX業者キャンペーン詳細

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク