FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金総書記の死亡自体は大した影響は無い

アジア市場では、北朝鮮の金総書記の死去を受け、情勢に対する不透明感や不安が高まった事等から、有事に強いとされるドルを買う動きが強まった。

欧・米時間でも積極的な動きは無かったものの、意識される形でドルが高止まりとなった様だ。

この報は、株式市場への影響は軽微だったものの、ドラギECB総裁の議会証言をきっかけに下落する形となり、リスク回避の動きとなった。

同総裁は先日同様、国債購入の拡大には改めて消極的な姿勢を示しており、更にユーロ圏経済の見通しにやや悲観的な見方を示した様だ。

質への逃避買いから上昇していた金も欧州債務懸念の強まりやユーロ安の影響を受け、上げ幅を削り結局マイナス圏で引ける形となっている。

さて、

自動登録リンク集

クリスマス休暇を前に参加者も減少してきており、動意も薄くなってくる事が予想される。

昨晩の流れを見ると、欧州債務問題に関する懸念は根強く、そう簡単に地合い好転は考え難く、ユーロ圏17カ国の財務相の電話協議でも、欧州安定メカニズムの資金上限引き上げを合意できなかったとの報道もあり、新しい週を迎えても改めて欧州情勢を意識させる弱気相場となっている。

ただ、欧州の債務問題に気が揉まれる中で、米景気についてはこのところ最悪シナリオを一服させる経済指標も少なくないことにも注目したい。

昨晩も住宅市場指数の改善、欧州から市場心理をさらに冷やすようなニュースがあっては問題外なものの、毎年この時期は、クリスマス商戦などの影響も出てくることから、米国発の好材料もおかしくはない。

北朝鮮の金総書記の死亡については、発表後に一時リスク回避のドル買いが集まる場面等も見られたが、これに関してはまだ判断がつきかね、目先不透明感が高まったことは確かなものの、少なくともこのニュース自体がこれ以上材料視される事はないと考えられる。

相場観は十人十色。確率は1/2+αで結果は一つ。
他の人の相場観も参考になります。こちらからどうぞ。
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキング
関連記事

テーマ : デイトレード値動き注目銘柄
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
プロフィール

景気の風

Author:景気の風

相互リンク集
アクセスアップには相互リンクが有効です。
サイト内検索エンジン
↓サイト内キーワード検索↓
カテゴリ
ランキング
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキングブログランキング【くつろぐ】ブログの殿堂FX・投資ランキング
コモディティ
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ
最新記事
リアルタイムレート
為替レート&世界時計
FXの取引は「みんなのFX」で
クリックすると表示レートが変わります。 USD ⇒ドル/円
EUR ⇒ユーロ/円
GBP ⇒ポンド/円
AUD ⇒豪ドル/円
NZD ⇒NZドル/円
javascript電卓
電 卓
アマゾン投資本
ピアノ(※音量注意)
クリックで音が出ます
算数力トレーナー
Flashリバーシ
数独パズル
ホンダレースゲーム
FX業者キャンペーン詳細

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。