FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目新しいニュースは無くても

昨晩イタリアで実施された30億ユーロの5年物国債入札では、落札利回りが、ユーロ導入以来最高水準となった。

この時は反応を示さなかったユーロだが、10年物が再び7%台に乗せ、独力での返済が難しいとされる水準を上回った事をきっかけに大きく下落する形となった様だ。

欧州危機への懸念がくすぶる中、NY株式市場も米石油大手シェブロンが原油流出事故を起こしたブラジルで活動停止を命じられたとのニュースを機に、改めて売り込まれ、大きく下落。

ユーロや株式が下落した事で商品市場も頭の重い展開となったようだ。

又、石油輸出国機構(OPEC)が、ウイーンで定例総会を開き、12カ国の原油生産上限を現行の生産水準とほぼ一致する日量3000万バレルにすることで合意し、欧州債務危機を発端にエネルギー需要に悲観的な見方が広がる中、生産目標上限が現行水準の追認となったために需給緩和懸念が広がり、NY原油の大きな圧力となった様だ。

原油が5ドル超下落した事で、金塊にも換金売りが殺到し、10月20日の安値や心理的な節目である1600ドルを割り込んだNY金は売りが加速する展開となっている。

さて、
特に目新しい大きな材料は出ていないものの、ユーロ圏の格下げの思惑等が市場の重しとなっており、欧州情勢の懸念は和らぎを見せない。

昨晩の欧米株は下落していることから、アジア株も全体的に売り先行が予想され、市場全体的にリスク回避傾向となりそうだ。

さらに商品相場も大きく下落しており、市場全般がリスク投資にネガティブとなっている。

アジア時間でも、一服後は反発の動きも入ると思われるが、どの程度の反発なのか、又、本日は510日(ごとうび)とあって、需給等も気にかかる所だが、全体的にネガティブとなっているマーケットには、ポジティブなニュースでもなければ、一進一退の展開となりそうである。

本日は多くの米経済指標発表が予定されているものの、市場の目は欧州情勢に向かっていることから、スペイン長期債入札とドラギECB総裁の講演が注目される。

先日ドラギ総裁は、「重債務国の国債買い入れを増やさない」とのスタンスを明確にしており、今晩も追随売りなどに注意したい。

相場観は十人十色。確率は1/2+αで結果は一つ。
他の人の相場観も参考になります。こちらからどうぞ。
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキング
関連記事

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
プロフィール

景気の風

Author:景気の風

相互リンク集
アクセスアップには相互リンクが有効です。
サイト内検索エンジン
↓サイト内キーワード検索↓
カテゴリ
ランキング
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキングブログランキング【くつろぐ】ブログの殿堂FX・投資ランキング
コモディティ
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ
最新記事
リアルタイムレート
為替レート&世界時計
FXの取引は「みんなのFX」で
クリックすると表示レートが変わります。 USD ⇒ドル/円
EUR ⇒ユーロ/円
GBP ⇒ポンド/円
AUD ⇒豪ドル/円
NZD ⇒NZドル/円
javascript電卓
電 卓
アマゾン投資本
ピアノ(※音量注意)
クリックで音が出ます
算数力トレーナー
Flashリバーシ
数独パズル
ホンダレースゲーム
FX業者キャンペーン詳細

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。