FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引きずる欧州不安

昨晩の欧・米時間では格付け会社の動きを睨んで、リスク回避一色となった。

格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスのレポートによると、先週の欧州連合(EU)首脳会議で合意された債務危機対策は「目新しいものがほとんどない」として、来年3月末までにEU27ヶ国の格付けを見直す可能性があるとしている。

フィッチ・レーティングスも「包括的な解決が示されず、ユーロ圏各国の格付けに対する圧力が強まった」としており、同じ様なレポートを発表。

合意内容が危機対策として不十分との認識が示されたことで、既にユーロ圏15ヶ国の格付けを見直すと警告しているスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)からも、近日中にも格下げが発表されるとの懸念も高まっている様で、S&Pでは、さらに会議を重ねる必要性があるとの見方を示している。

これらを受けたマーケットでは、ユーロ売りが殺到し、更に株式等のリスク資産も大きく売られる形となった様だ。

商品市場でもユーロが下落した事で、ドル建て資産の割高感が高まり、更にこの所株式等と連動しやすい金は、連れて大きく下落する形となっている。

さて、
昨晩のNY市場では、米国債3年物の入札が行われたが、過去21年間で最大の需要が集まり、応札倍率が3.62倍と、1990年11月以降の最高を記録した様だ。

現在3年債利回りは、過去2番目に低い0.352%という利回り水準だが、それでも投資家らは挙って米国債に低リスクの資産を求めている様だ。

今週は米国債の長期債入札が控えており、本日13日は10年債210億ドル、14日は30年債130億ドルが予定されており、米国債が選好されている今は、円高の圧力は薄れる形となっている。

本日は米FOMCを筆頭にイベントは盛りだくさんなのだが、基本的には欧州情勢に関連した要人や格付け会社の発言等に注意したい。

相場観は十人十色。確率は1/2+αで結果は一つ。
他の人の相場観も参考になります。こちらからどうぞ。
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキング

関連記事

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

アクセス
プロフィール

景気の風

Author:景気の風

相互リンク集
アクセスアップには相互リンクが有効です。
サイト内検索エンジン
↓サイト内キーワード検索↓
カテゴリ
ランキング
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキングブログランキング【くつろぐ】ブログの殿堂FX・投資ランキング
コモディティ
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ
最新記事
リアルタイムレート
為替レート&世界時計
FXの取引は「みんなのFX」で
クリックすると表示レートが変わります。 USD ⇒ドル/円
EUR ⇒ユーロ/円
GBP ⇒ポンド/円
AUD ⇒豪ドル/円
NZD ⇒NZドル/円
javascript電卓
電 卓
アマゾン投資本
ピアノ(※音量注意)
クリックで音が出ます
算数力トレーナー
Flashリバーシ
数独パズル
ホンダレースゲーム
FX業者キャンペーン詳細

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。