FC2ブログ

そろそろ終焉を迎える

昨日のドイツ連邦議会では、ユーロ圏の債務危機対策の柱であるEFSFの規模や機能を拡充する法案を賛成多数で可決した。

欧州の危機対応が一歩前進したと受け止められ、ユーロが対主要通貨で上伸する一方、相対的に安全な通貨として買われていた円が下落する形となっている。

又、米新規失業保険申請件数は前週比3万7000件減の39万1000件と、市場予想を大幅に下回り、4~6月期の米実質GDP(国内総生産)も前期比1.3%増と、前月発表の改定値の1.0%)から上方修正された事等を好感し、NYダウは寄り付き直後に一時260ドル高まで急反発している。

ただ、その後は好材料の出尽くし感から一転して、じわじわと売りが広がる展開となり、同じく上げていたNY原油等も上げ幅を削る形となった。

こういった背景は金市場に与えた影響は軽微で、NY金はほぼ前日終値近辺で引けている。

さて、

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 株式・FX・投資・マネー最新情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : 欧州

分かっていても自分が当たりたくないのが世の中である

ギリシャ支援に消極的だったフィンランドの議会が、ユーロ圏の債務危機国を支援する欧州金融安定化基金(EFSF)の拡充法案を可決し、また、欧州委員会のバローゾ委員長がユーロ圏諸国の共同債導入について前向きな姿勢を示すなど、新たなプラス材料が出た様だ。

しかし、ギリシャの債務問題の根本的な解決策は依然として見えず、デフォルト(債務不履行)は回避されるかは不透明なままとなっている中、中国株式や原油相場の下落が、世界景気の減速懸念を強めた形となり、NYダウは下落する形となっている。

株式市場が下落した事で、債務危機に伴う金融市場の悪化に備えて、手元のドル資金確保のために金塊を売る動きが活発化し、NY金は大きく下落する形となった様だ。

さて、

続きを読む

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

やはり欧州債務問題が重要事項か

欧州連合(EU)当局者によると、ユーロ圏加盟諸国は債務危機国向けの支援制度「EFSF」の機能拡大へ向けた協議を実施した様だ。

これに対し米メディアは具体策として、同基金を元手に設立した特別目的会社が各国国債を買い取る計画のほか、資金の一部を域内金融機関の資本増強に振り向ける案が検討されていると報じている。

又、ギリシャのパパンドレウ首相は、ドイツのメルケル首相に対し、債務危機回避に向けて国内の構造改革を断行することなどを約束し、ユーロ圏をけん引するドイツ側の支援を取り付けた様だ。

さらにギリシャ議会では、財政緊縮策の一環として不動産税の導入を承認し、これらがギリシャがデフォルト(債務不履行)回避に向けて今後も対策を講じていくのではないかとの期待感が広がった様で、全体的にリスク選好の動きとなっている。

株式市場でNYダウが上昇すると原油等のリスク資産も上昇し、マージンコールの売りに押されていた金も大きく上昇する形となっている。

又、為替市場でも欧州財政懸念の後退から、ユーロが上昇した事で商品市場の支援材料となり、更にリスク回避の動きが円売り・ドル買いを進行させる形となった。

さて、

続きを読む

テーマ : 投資に役立つデータ
ジャンル : 株式・投資・マネー

忙しない一日を終えて今後の展開は

8月の米新築住宅販売件数、同シカゴ連銀全米活動指数は、ともに米景気回復の遅れを改めて裏付ける内容となったが、相場全体への影響は限られた様だ。

それよりも市場の関心は引き続き、欧州債務危機対策に向けたユーロ圏諸国の動向となっており、欧州金融安定基金(EFSF)の増強策で欧州連合(EU)内の温度差が表面化した半面、債務危機の新たな打開策をめぐり報道が相次いだことから、一喜一憂しながら事態の推移を見守る展開となった。

欧州時間序盤から、欧州株が切り返し、米株価も堅調な流れとなり、先週末の流れを引き継いで大きく下落したアジア時間の安値からほとんどの市場が切り返す動きとなった様である。

ただ、為替相場では積極的な動きは手控えられており、主要通貨は前日終値近辺での推移となった。

さて、

続きを読む

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

為替、株式は動意薄だが、商品市場は大暴落

先週末の20ヶ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の共同声明は、足元の経済状況の不安定さに警鐘を鳴らしつつも具体的な対応策に欠ける内容だった。

市場ではリスク回避ムードが漂い、更にムーディーズ・インベスターズ・サービスがギリシャの大手銀8行を格下げしたとの報も懸念に拍車を掛けた。

しかし為替市場では米長期利の上昇や政府・日銀による介入への警戒感から、一方的に円高になることはなく、株式市場でも、NYダウは前日に一時527ドルも下落した事による反動買いも入り、プラス圏で推移し、逆にこの事がのマージンコール(証拠請求)対応のため利食い売りを呼び、101.90ドル安と史上2番目の下落幅を記録している。

また、欧州中央銀行(ECB)が域内融システムの安定確保へ向け、先に合意した欧州融安定基(EFSF)の枠組みを超えた資金供給を実施するとのうわさが台頭し、これを受けて、世界的に景気が悪化する「負の連鎖」阻止へ期待が高まった事も、これらの動きに拍車を欠ける形となった。

さて、

続きを読む

テーマ : 投資に役立つデータ
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag :

アクセス
プロフィール

景気の風

Author:景気の風

相互リンク集
アクセスアップには相互リンクが有効です。
サイト内検索エンジン
↓サイト内キーワード検索↓
カテゴリ
ランキング
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキングブログランキング【くつろぐ】ブログの殿堂FX・投資ランキング
コモディティ
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ
最新記事
リアルタイムレート
為替レート&世界時計
FXの取引は「みんなのFX」で
クリックすると表示レートが変わります。 USD ⇒ドル/円
EUR ⇒ユーロ/円
GBP ⇒ポンド/円
AUD ⇒豪ドル/円
NZD ⇒NZドル/円
javascript電卓
電 卓
アマゾン投資本
ピアノ(※音量注意)
クリックで音が出ます
算数力トレーナー
Flashリバーシ
数独パズル
ホンダレースゲーム
FX業者キャンペーン詳細

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク