FC2ブログ

昨晩の流れと今日の見通し~ドル円

昨晩の欧州時間はユーロが上昇し、ドルが下落する展開だったが、NY時間は一転し、ドルが上昇した。

オバマ大統領はこの日、中間層向け減税措置、いわゆる「ブッシュ減税」を2年間延長すると発表。

膠着していた案件が取り合えず落ち着いた事に加え、FRBが実施している追加緩和策第二弾(QE2)と共にGDPを拡大させるのでは?との期待が先行した様だ。

また格付け機関ムーディーズが減税延長による長期的な影響を懸念をしつつも、「向こう18ヶ月から2年の間、米国の格付けを変更するとは予想していない」との声明を発した事も後押しとなった。

対してユーロは下落。

アイルランド議会は2011年予算案の一部を賛成82、反対77で可決し一時落ち着きを見せたかに思えたユーロですが、スペイン、ポルトガルに対する懸念が払拭出来ていない中、 レーン欧州委員が「一段と厳しい銀行へのストレステストを2月に実施する」と述べた事が警戒された。

IMFのストラスカーン専務理事が「欧州が2つに分裂するリスクが存在」とコメントした事も市場の懸念材料となった様だ。

ユーロが下落した事で、商品はほぼ全体的に軟調な展開だった。

さて、本日だが、ドル円は前日のNY市場で米国債利回りの急上昇を背景に大幅高となった。

米雇用統計ショックで82円台前半まで下落し、テクニカル的には21日線を完全に下抜けていたことから、短期的には売りサインも出ていたが、一目均衡表の基準線に跳ね返された形で、完全にダマシにあった格好だ。

需給的には82.50円近辺の水準には日本の輸入企業や機関投資家の買い需要が旺盛で底堅さは感じられていたが、米国債利回りの急上昇が一気に買い気を高めた。

前日のNY時間の昼頃に83円を突破して、やや上げ一服となり、戻り売りに押される場面もあったが、83円台は死守していた。

一方で、83.50円近辺の水準を超えて来ると、日本の輸出企業の売りオーダーが並ぶ様だ。

しかしながら、やはりドルに対する活性は高く、ドル円も上向き継続と見ますが、流石に雇用統計前の84円台前半の水準までは抵抗も強いと考えられ、それなりに売りをこなす必要もある。

テクニカル的には一目の雲の上限に上抜けた事から、再度、円安に振れ易い形になっており、今後は基準線が上向きに切り上がることから、2週間、つまり年末までは高い可能性がある。

※ブッシュ減税とは、ブッシュ前大統領が2001、03年に導入した大型減税策の事です。所得減税が中心で、特に累進の最高税率が39.6%から35%に引き下げられ、インパクトは富裕層には大きかった様です。

また投資所得に対しても手厚く、ほとんどのキャピタルゲインに対する税率が20%から15%に引き下げられたばかりでなく、従来は通常所得として課税されていた(すなわち最高39.6%だった)配当課税もキャピタルゲイン同様に15%とされました。

年末で期限切れとなるブッシュ減税ですが、今回、オバマ大統領が、中間所得層に富裕層を加えた一括延長を提案しました。

相続税率は現行ゼロですが、打ち切られると最高55%に跳ね上がり、富裕層向けの配当課税率は現行の15%から39.6%に、所得税率は35%から39.6%に軒並み上がる様です。

相場観は十人十色。確率は1/2+αで結果は一つ。
他の人の予想も参考になります。こちらからどうぞ。
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキングブログセンターbyGMOブログランキング【くつろぐ】ブログの殿堂FX・投資ランキング
スポンサーサイト



テーマ : FX外国為替情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

昨晩の流れと本日の見通し~ドル・円・ユーロ

2日のNY市場はトリシェECB総裁の会見がテーマとなった。

総裁は緊急の流動性供給の引き揚げを遅らせる意向を示し、事実上の出口戦略の後退を宣言。

市場は一旦ユーロ売りで反応し、ユーロドルは1.31ドル台半ばから1.30ドル台半ばまで下落。

しかしその後、総裁が「国債買入れプログラムは継続中だ」とコメントした事で、これに呼応するかのように「ECBがポルトガルとアイルランドの国債を大規模に買入れている?」との噂が広がり、債務国とドイツの利回り格差が縮小した事で、ユーロは一転して反発し1.32ドル台前半まで回復している。

欧州株式市場もこれに連れ堅調になり、この流れに加え、更に米10月中古住宅販売成約が10.4%と統計開始以来最大の伸びを記録した事で、米株式市場は軒並み上昇。

しかしドル買いには結びつかず、VIX指数は19台まで低下し、リスク選好が再燃し、豪ドル、NZドル、カナダドルといった資源国通貨は対ドルで大きく値を上げた形。

ブラード・セントルイス連銀総裁が「ドルの下落は緩和策を受けた通常の副産物」と述べた事も、FRBは通貨下落を懸念していないとの見方に繋がり、ドル下落の一助となった様だ。

ドルが下落した事で、円も再度83円台へ突入している。

さて、本日だが、週末と言う事もあり、東京市場や欧州市場序盤では見送り気分が強まりそうだ。
しかし株式市場が世界的に好調で、この動きに連れ高となる動きも考えられる。

テクニカル的に見れば円は膠着にありそうだ。

一目均衡表では、対ドルでは雲にサポートされ、対ユーロでも雲が意識されている。

解せないのは、先日は米経済指標が良かった時は、ドル買いで反応したが、昨晩は真逆だった。

マーケットも迷いがあるのかもしれない。流れが出たほうに拡大しそうだ。取り合えず『見』が無難か。

相場観は十人十色。確率は1/2+αで結果は一つ。
他の人の予想も参考になります。こちらからどうぞ。
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキングブログセンターbyGMOブログランキング【くつろぐ】ブログの殿堂FX・投資ランキング

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

欧州時間に入り今後の見通し

ロンドン時間は、欧州通貨買いが再び強まっている。

スペイン3年債入札の応札倍率が前回を上回り好調な内容だった事等が、安心感を与えた様で、ユーロドルもポンドドルも前日の高値を突破している。

これからECB理事会が政策金利を発表する。

市場の見方は現行の1.0%での据え置きがコンセンサスとなっており、注目は、理事会後に開催されるトリシェECB総裁の記者会見となりそうだ。

欧州ソブリン問題が深刻化するなかで、同総裁が追加措置を発表するかが焦点。

ギリシャ財政問題が欧州危機を巻き起こした今年上期、5月のECB理事会で新規措置が手控えられると一気にギリシャ債が売り込まれた。

この動きに催促される形で、ECBは急遽、異例の国債購入策を発表せざるを得なかった経緯があった。

今回は、アイルランド問題が一段落したもののスペインやポルトガルへと信用不安が広がっており、欧州第四の規模を誇るスペインにまで救済が必要となれば、これまでの枠組みでは対応し切れない懸念も考えらる。

5月時点よりも、実際の状況は深刻の様です。このような状況下で、昨日の動きを見ると、市場には再びECBに追加措置を期待するムードも広がっていそうだ。

市場では、国債購入額の大幅拡大や、銀行への無期限融資の解除時期の延長などの措置が取り沙汰されており、イタリア政府関係者からもECBに断固とした措置を求めるとの記事も報じられている。

今回、追加措置が見送られれば市場に再び失望感が広がる可能性も考えられる所で、この所米国が強く、資金がドルに流れやすい事も考えられる。

米10月中古住宅販売成約指数では、大方の予想が前月比1.0%低下となっており、前月比では2ヶ月続けて低下すると見込まれております。

その他では、プロッサー米フィラデルフィア地区連銀総裁の講演、ブラード米セントルイス地区連銀総裁の講演、デューク米連邦準備理事会(FRB)理事の講演等が予定されている。

相場観は十人十色。確率は1/2+αで結果は一つ。
他の人の予想も参考になります。こちらからどうぞ。
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキングブログセンターbyGMOブログランキング【くつろぐ】ブログの殿堂FX・投資ランキング

テーマ : FX外国為替情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

昨晩の流れと今後の見通し~ドル・円・ユーロ~

欧州時間、NY時間では、ユーロが主要通貨に対し上昇。

氏名は報じられなかったが米政府高官のコメントとして「米国はIMFを通じて欧州金融安定ファシリティー(EFSF)を支援する用意ある」と報じられた事を受け、欧州問題の解決が進むとの期待が拡大。しかし、こちらも名前が出なかったが、その後米財務省当局者が「IMFを通じた欧州金融安定ファシリティー(EFSF)支援、現時点では協議していない」と否定し、ユーロの急伸に歯止めをかける結果となった。ただ、高値圏で膠着する形となった。

この事に加え、アジア時間に発表された中国の11月PMI(購買担当者景気指数)が55.2と7カ月ぶりの高水準を記録した事や、米国の11月ADP雇用統計が9.3万人と2007年11月の10.2万人以来の高水準となった事が後押しとなり、欧・米株式市場は軒並み上昇した。

ADPでは調査対象企業の全規模、全セクターで雇用の拡大が確認された事で、今週金曜日の公式雇用統計に対する期待が拡大した様だ。

又、地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)でも12地区のうち10地区が景気の拡大を報告し「企業の採用活動に一部改善が見られる」と、こちらでも雇用統計への期待が高まっている。

商品市場では、株式市場が反応、NYダウの約250ドルの上昇を背景に、工業品の上昇が目立つ展開。

さて、

昨日は東京時間から総じてユーロが上昇していた。
アジア時間、欧州時間、NY時間、いずれも流れが継続して上昇するのは久しぶりの展開だったのではないか。

欧州財政問題や地政学リスク、上値は重いもののユーロ相場に下げ一服感も強まっており、短期的には景気動向に焦点が移る可能性が高い。

となると、通貨自体で自国の力で上昇しているのはドルであり、ドル高メインでの偏りに見直すのが吉か。

しかしドル円は84円半ばの壁が少し厚く感じる。これを抜けたら速いだろう。

相場観は十人十色。確率は1/2+αで結果は一つ。
他の人の予想も参考になります。こちらからどうぞ。
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキングブログセンターbyGMOブログランキング【くつろぐ】ブログの殿堂FX・投資ランキング

テーマ : FX外国為替情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

昨晩の流れと今日の見通し~ドル・円・株式・工業品

昨晩のNY時間でも、ユーロが全面安の展開だった。

この日はスペイン、イタリア、ベルギー国債の対ドイツ国債利回り格差がそれぞれユーロ導入以来最大を記録。

またアハーン・アイルランド司法相が「11月に入り、ECB(欧州中銀)はアイルランドに救済を要請するよう圧力をかけていた」「欧州当局者は現在、ポルトガルにも同様の圧力をかけている」と発言し、以前の圧力はないとコメントを否定した事も意識された。

格付けに関する話題も目立ち、アジア時間にはフランス格下げの噂が聞かれたもののNY時間に入り格付け機関のS&Pが否定。

その一方でS&Pは「3ヶ月以内にポルトガルの長・短期の格付けを引下げる可能性ある」との声明を発表した事で、ユーロは1.29ドル台へと再沈。

トリシェECB総裁の議会証言では、ユーロ安定化に向けた当局の取り組みを外部の人間は過小評価していると自信を示したが、ユーロ買いには結びつかなかった。

又、総裁はユーロ債(欧州共通債)を発行する可能性が絶対にないとは断言できないと述べている。

欧州の財政不安については、アイルランドの支援策決定後も収まっておらず、さらにポルトガルやスペインにまで波及するとの懸念が浮上しているが、この為、株や原油など比較的リスクの高い商品は売りが優勢となっており、安全資産としての金や、ドル、円等に投資先を求める動きが活発の様だ。

ドルは対円以外では堅調に推移し、この日発表された11月シカゴ購買部協会景気指数、そして11月消費者信頼感指の双方において構成項目の「雇用指数」の拡大が確認され、今週金曜日の公式雇用統計に対する期待が先行した様だ。

さて、本日だが、ドル・円相場は、底堅い展開となりそうだ。

前日に83.50円前後で何度も下げ渋り、83円台半ばでは下値が堅かった事や、一目均衡表の雲の上限が支持線となった事等から、売り手控えられるとみる。

ただし、前日の安値83.43円をはっきりと割り込み、一目均衡表の雲の上限83.17円も下抜く様なら、11月23日の安値82.77円近辺が意識されそうだ。

今日は、米11月ADP雇用統計が発表されるが、昨晩の米経済統計は雇用指数の拡大を示唆するものとなっているだけに、ドルの支援にも考えられる。

一方で、米国株安や円高進行を警戒して、工業品や日本株等は主力株中心に売り優勢の展開も考えられる。

売り一巡後も中国株式市場など外部環境を気にした弱含みで、安値圏でのもみ合いや、ユーロ安・円高を受けたハイテク株の一角が軟調、中国関連で直近先駆して上昇した銘柄なども利益確定売りを急ぐ動きが見られるかもしれない。

テーマ : FX外国為替情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

アクセス
プロフィール

景気の風

Author:景気の風

相互リンク集
アクセスアップには相互リンクが有効です。
サイト内検索エンジン
↓サイト内キーワード検索↓
カテゴリ
ランキング
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキングブログランキング【くつろぐ】ブログの殿堂FX・投資ランキング
コモディティ
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ
最新記事
リアルタイムレート
為替レート&世界時計
FXの取引は「みんなのFX」で
クリックすると表示レートが変わります。 USD ⇒ドル/円
EUR ⇒ユーロ/円
GBP ⇒ポンド/円
AUD ⇒豪ドル/円
NZD ⇒NZドル/円
javascript電卓
電 卓
アマゾン投資本
ピアノ(※音量注意)
クリックで音が出ます
算数力トレーナー
Flashリバーシ
数独パズル
ホンダレースゲーム
FX業者キャンペーン詳細

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク