スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休前と言うことで

欧米の連休前と言うこともあって、なんとも静かな一日である。

NY時間外も本日は短縮取引で22:15まで。

米公式雇用統計発表後45分間でどう動くか。

先日のFOMC議事録で追加緩和観測が再び後退したことを考えれば、良い内容ならばドル買いか。

逆にバッドサプライズは悪かったときか。

薄商いなだけに、値飛びに注意したい。

欧州は月曜も休場の為、今晩の流れが火曜日まで継続か、それとも本格的に動くのは火曜日と言ったところだろうか。
スポンサーサイト

各国の姿勢の変化にて

先月末のバーナンキ議長の議会証言に続き、先日ドラギ総裁もインフレに対する警戒が見て取れた。

各国中銀トップが、緩和策に警戒を示しつつある。

そんな中、先週末に発表された米雇用統計は、米景気回復期待を強め、QE3観測は大きく後退することとなった。

新興国の成長鈍化も気になるところで、中国の貿易赤字、更にベトナムやインド等の緩和策。

我が国日本はと言えば、野田氏はこの水準でもおきに召さないようだ。

白川日銀総裁も原油高でも緩和姿勢に変化はないと述べている。

日本だけは、姿勢変化がみられず。

となれば、金融緩和からの円安基調は、当面変化はなさそうである。

もし、明日の日銀政策発表で、新たな緩和策が出るようであれば…

もし、明日のFOMCで、好調な経済指標を背景に、声明文がタカ派なものへと変化しているようであれば…


更に円安が加速してもおかしくはないと、考える。

円安の恩恵は、国内に何をもたらすのか、興味深いところである。

欧州安に米高、勝つのは?

イタリア政府が実施した10年物国債の入札では、落札利回りは自力での資金調達が困難な「危険水域」とされる7%の大台を下回り、前月の7.56%から6.98%に低下している。

しかし、同国は来年1~3月に計1129億ユーロの国債償還が控えており、債務返済に向けて厳しい資金調達環境が続くとの不安の方が大きく、一時ユーロは大きく下落する形となった。

その後米国のシカゴ購買部協会景気指数や仮契約住宅販売指数がともに市場予想を上回って発表されたほか、週間新規失業保険申請件数も4週間平均では減少し、米景気の底堅さを改めて示す内容となったことなどが好感され、市場のムードはリスク選好に傾きだした様だ。

米株式が堅調に推移し、そんなムードの中、無難にイタリアの長期国債入札を通過していた事も徐々に安心感をもたらし、ユーロも安値から切り返す形となった。

それまでユーロ安などから下げ幅を拡大していた商品市場も反転し、切り返しを見せたものの、金は大きく下げていただけに前日比高までは値位置は戻せなかった様である。

相場観は十人十色。確率は1/2+αで結果は一つ。
他の人の相場観も参考になります。こちらからどうぞ。
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキング

テーマ : 投資に役立つデータ
ジャンル : 株式・投資・マネー

ユーロ地合いが変わらずならば

昨晩実地されたイタリアの短期国債の入札では、落札利回りが1ヶ月前の約半分ほど低下し、序盤はリスク選好ムードが漂っていたのだが、欧州中央銀行(ECB)のバランスシートが公表された事をきっかけに、一転する形となっている。

ユーロ圏金融機関による預金額が膨張し、バランスシートが過去最大に膨らんだ事で市場の流動性低下が一段と進んでいるとの不安が広がり、ユーロは急落する形となった。

薄商いも手伝い、ユーロが大きく下落すると、リスク回避の動きから、NYダウも下落する形となっている。

ユーロ安やリスク回避の動きは商品市場にも重くのしかかり、全体的に軟調で、特にこの所地合いの弱さが目立っていた金は大幅に値を削る形となっている。

さて、

自動リンク

続きを読む

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

連休明けはやはり

米国がクリスマス連休明けの上、ロンドン市場が引き続き休場となったことから、昨晩のNY市場では動意に乏しい展開が続いた様だ。

為替市場でも小動きとなっており、12月の米消費者信頼感指数が8カ月ぶりの高水準となり市場予想を上回ったものの、相場の反応は薄かった。

株式市場でも同様で、NYダウは2.65ドル安と小動きとなっている。

一方商品市場では、産油国の情勢不安を受けた供給逼迫懸念を背景に、NY原油は大きく上昇しているものの、金はオプション納会や年末前の利食い売りに押され、頭の重い展開となったようだ。

ただ、祝日で営業日の少ない週の価格動向を深読みすることは警戒すべき事で、あまり深読みしすぎないほうが無難である。

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

投資家の不安心理は思いのほか大きい

クリスマスを今週末に控えて休暇入りする参加者が多く、おおむね薄商いで動意に乏しい地合いとなった様だ。

欧州中央銀行(ECB)による3年物臨時資金供給オペでは、落札額が事前予想を大幅に上回った為、目先の信用不安が緩和され一時はユーロ買いが活発化したが、年末を前に投資家の警戒感は強く、買い一服後はイタリア、スペインなどの債務国の国債金利低下への貢献を疑問視する見方も広がり、応札前から買いを入れていた筋の利食い売りに押されて一転する形となっている。

その為、ユーロが売られドルが上昇する形となり、米国債の利回りも上昇、結果小幅ながら株式も堅調になった様だ、商品市場ではユーロ安の影響などから頭の重い展開となっている。

さて、

続きを読む

テーマ : FXで稼ごう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

追随できる相場が来るか

昨晩はスペイン国債入札の予想外に好調な結果やドイツの景況感指数の上昇を追い風に、投資家のリスク意欲が高まり、ユーロが買われ、商品市場への支援材料となった様だ。

又、11月の米住宅着工件数も1年7ヶ月ぶりの高水準を記録した事も好感されている。

これまで悪い材料に反応していただけに、昨晩は悪い材料が特に出なかったことで、株式市場では大きく上値を伸ばし、NYダウは337ドル超も上昇し、これに連れる形で原油や貴金属等も好調だった様だ。

これまでのムードが好転し、リスク選好の動きとなっているのだが、日替わりでリスクのオンとオフのスイッチが切り替わる落ち着かない相場つきである。

昨晩は好材料に連れる形で、恐怖指数(VIX)のスポットも-6.8%下がり、警戒感も大きく緩む形となっている。

今日の東京市場では日銀金融政策決定会合が実施されるが、今回は追加緩和などの観測は特段広がっておらず、欧州でのECB3年物資金供給オペに対しての期待感が高まる相場付きとなりそうだ。

リスク選好ムードがどの程度の広がりを見せるかに注目したい。

積極的に上値を追う展開となれば、追随して行きたい所だが、再び静観相場になる様であれば、相場はクリスマス前で商いが極めて薄い中、投機的な売り買いに振り回される不安定な値動きも注意しなければいけない。

又、欧州の債務問題や世界的な景気減速懸念は、そう簡単に払拭されるものでもなく、クリスマスが過ぎてポジション整理の動きが弱まれば、安全資産としての買いが戻らない金はリスク資産として株や原油などの動きに追随する事になり、再び売り圧力が強まることも考えられる。

相場観は十人十色。確率は1/2+αで結果は一つ。
他の人の相場観も参考になります。こちらからどうぞ。
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキング
【小型カメラ】HD画質で楽しめるフリント式ライター型ビデオカメラ ブラック
HD画質で楽しめるフリント式ライター型ビデオカメラ

◎HD画質&録画機能搭載
◎内蔵メモリ4GB搭載

●充電式リチウムイオンバッテリー内蔵
●最大30フレームフルモーション
9,500円(税込)
商品詳細 カートに入れる
リアルマーケット リアル ドロップシッピング

テーマ : 日経平均先物・オプション売買戦略
ジャンル : 株式・投資・マネー

金総書記の死亡自体は大した影響は無い

アジア市場では、北朝鮮の金総書記の死去を受け、情勢に対する不透明感や不安が高まった事等から、有事に強いとされるドルを買う動きが強まった。

欧・米時間でも積極的な動きは無かったものの、意識される形でドルが高止まりとなった様だ。

この報は、株式市場への影響は軽微だったものの、ドラギECB総裁の議会証言をきっかけに下落する形となり、リスク回避の動きとなった。

同総裁は先日同様、国債購入の拡大には改めて消極的な姿勢を示しており、更にユーロ圏経済の見通しにやや悲観的な見方を示した様だ。

質への逃避買いから上昇していた金も欧州債務懸念の強まりやユーロ安の影響を受け、上げ幅を削り結局マイナス圏で引ける形となっている。

さて、

自動登録リンク集

続きを読む

テーマ : デイトレード値動き注目銘柄
ジャンル : 株式・投資・マネー

週末じゃなければ・・・

昨晩発表された米経済指標は良好な内容となり、過度のリスク警戒感が緩む形となっている。

特に米労働省が朝方発表した最新週の新規失業者保険申請件数は前週比1万9000件減の36万6000件となり、3年半ぶりの低水準だった様だ。

事前予想だった39万件を大きく割り込み、米雇用回復基調への期待感を盛り上げた様だ。

又、12月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数も前月の3.6から10.3に大きく改善しており、これを受けたマーケットはリスク選好に動き、昨晩のNYダウはプラス圏で引けている。

ただ、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)とフィッチが欧米の銀行の格付け引き下げを発表する等、欧州債務危機拡大をめぐる懸念も根強く、続落後の戻しにしては物足りないものだった様だ。

この流れは商品市場にもリスク選好の流れを呼び込んだものの、反応は鈍く、金や原油等はプラス圏へ浮上できずに軟調に引けている。

自動登録リンク集~アクセスアップ


さて、

昨晩の欧州債券市場ではスペイン債入札が好調で、利回りは低下(価格は上昇)する形となり、欧・米の株価は上昇し、ユーロや豪ドル等の通貨も比較的堅調に推移している。

リスク選好の動きとなった場合、以前はユーロとドルが上昇していた為、国内の商品市場にはドル建て商品の割安感と円安の2重のサポートがあり、大きく上昇する場面もあったが、米国債がリスク回避で選好される今は、リスク選好の動きが出ても、ユーロ高はあるものの円高となり、打ち消すような形となってしまう様だ。

今日は昨晩の流れを引き継いでリスクの買戻しがありそうだが、週末と言う事やユーロ圏に対する格付け機関の動向に懸念が残っている中、積極的なリスク回復ムードには程遠く、リスク資産の上値も限定されている事もあり、ポジション調整の動きが主体となりそうである。

相場観は十人十色。確率は1/2+αで結果は一つ。
他の人の相場観も参考になります。こちらからどうぞ。
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキング

【小型カメラ】 USBメモリー型カモフラージュカメラ
こう見えてただのUSBメモリーじゃないんです

◎USBメモリー型カメラが登場

●モーションサーチ機能やランプ消灯機能など様々便利機能が搭載。
5,980円(税込)
商品詳細 カートに入れる
リアルマーケット リアル ドロップシッピング

テーマ : 高齢爺さんの外為(FX)稼げるか
ジャンル : 株式・投資・マネー

目新しいニュースは無くても

昨晩イタリアで実施された30億ユーロの5年物国債入札では、落札利回りが、ユーロ導入以来最高水準となった。

この時は反応を示さなかったユーロだが、10年物が再び7%台に乗せ、独力での返済が難しいとされる水準を上回った事をきっかけに大きく下落する形となった様だ。

欧州危機への懸念がくすぶる中、NY株式市場も米石油大手シェブロンが原油流出事故を起こしたブラジルで活動停止を命じられたとのニュースを機に、改めて売り込まれ、大きく下落。

ユーロや株式が下落した事で商品市場も頭の重い展開となったようだ。

又、石油輸出国機構(OPEC)が、ウイーンで定例総会を開き、12カ国の原油生産上限を現行の生産水準とほぼ一致する日量3000万バレルにすることで合意し、欧州債務危機を発端にエネルギー需要に悲観的な見方が広がる中、生産目標上限が現行水準の追認となったために需給緩和懸念が広がり、NY原油の大きな圧力となった様だ。

原油が5ドル超下落した事で、金塊にも換金売りが殺到し、10月20日の安値や心理的な節目である1600ドルを割り込んだNY金は売りが加速する展開となっている。

さて、

続きを読む

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)を始めよう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

米追加緩和第三弾(QE3)は

欧米時間、ユーロが神経質な動きとなった様だ。

序盤は欧州株が下げてスタートした事でユーロも売られたものの、一服後はECBの国債買い付けなどもあり債券利回りが下落し、ユーロも上昇する形となった。

その後スペイン短期証券入札を控え下押したものの、目標上限を上回った事やドイツZEWが予想より良かった事などが好感され、ドイツ株が上昇した事などで、再び上昇に転じ、つれる形で金等も値を上げる展開。

ドイツZEWによると、債務危機による不透明感はすでに景況感指数に反映されてきた。指数は今後少なくとも6ヶ月間はドイツ経済状況が弱含むことを示唆。ドイツの経済状況は底入れしたもよう。経済活動は鈍いが、今後6ヶ月で落ち込むことはないだろう。EU首脳会議での決定事項は期待感を改善するだろう。等と述べている。

その後も不安定な欧州動向は相場に神経質な展開をもたらしている。

ドイツのメルケル首相が欧州安定機構(ESM)の融資能力上限引き下げに消極的と伝えられた事で、ユーロが反落し、NY株式市場もつれて下げる形となった。

ユーロが売られドルが買われたことでドル円は78円台へ乗せる形となり、円安にサポートされた国内商品市場はほぼ堅調な展開で夜間取引を終えた。

しかし、米連邦準備制度理事会(FRB)が公表したFOMC声明では、景気認識が「緩やかに拡大している」と若干上方修正され、QE3期待が後退したことで、NY金は夜間立会い開始後急落する形となっている。

さて、

自動登録型リンク集~SEO対策

続きを読む

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

引きずる欧州不安

昨晩の欧・米時間では格付け会社の動きを睨んで、リスク回避一色となった。

格付け大手ムーディーズ・インベスターズ・サービスのレポートによると、先週の欧州連合(EU)首脳会議で合意された債務危機対策は「目新しいものがほとんどない」として、来年3月末までにEU27ヶ国の格付けを見直す可能性があるとしている。

フィッチ・レーティングスも「包括的な解決が示されず、ユーロ圏各国の格付けに対する圧力が強まった」としており、同じ様なレポートを発表。

合意内容が危機対策として不十分との認識が示されたことで、既にユーロ圏15ヶ国の格付けを見直すと警告しているスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)からも、近日中にも格下げが発表されるとの懸念も高まっている様で、S&Pでは、さらに会議を重ねる必要性があるとの見方を示している。

これらを受けたマーケットでは、ユーロ売りが殺到し、更に株式等のリスク資産も大きく売られる形となった様だ。

商品市場でもユーロが下落した事で、ドル建て資産の割高感が高まり、更にこの所株式等と連動しやすい金は、連れて大きく下落する形となっている。

さて、

続きを読む

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

ECB理事会は悲観的、EU首脳会議は・・・

昨晩の欧州中央銀行(ECB)政策金利決定会合では、2ヶ月連続となる利下げを決定した。

ユーロ圏経済が来年、マイナス成長に陥る可能性があるとの予測も明らかになった事で、リスク回避志向が強まり、市場では早い段階でリスク回避の動きとなった様だ。

その後NY市場入り直後に始まったドラギECB総裁の記者会見では、一段の金融緩和のほか、高債務国の国債購入拡大に慎重な姿勢を示している。

資金不足の回避に向け、中銀に危機対応の切り札としての役割を期待する声もあっただけにユーロへの失望売りが殺到する形となった様だ。

株式市場もリスク回避の動きから大きく下落する形となり、連れる形で商品市場も大きく下落する形となった。

金もECBによる利下げや資金供給策が好感された一方で、ドラギ総裁が、国債市場への積極介入に消極的な態度を示したため、リスク回避の現金志向が強まったほか、市場心理が冷やされユーロ売りが急加速したこと等から他のリスク資産と同じく、大きく下落する形となっている。

さて、

続きを読む

テーマ : ★テクニカル分析
ジャンル : 株式・投資・マネー

今晩は欧州重要イベント

昨晩も米格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、欧州連合(EU)やユーロ圏の大手銀の長期債格付けについて引き下げ方向で見直すと発表。

しかしながら、欧州連合(EU)首脳会議を控えて、様子見ムードが高まっており、大きく動く展開になならなかったようだ。

又、欧州債務危機の拡大阻止へ向けて日米欧など20ヶ国・地域が国際通貨基金(IMF)に6000億ドル前後の融資枠を設定する検討に入ったとの報道等もあり、これを受け株式はじり高となっている。

金も株式が上昇した事や安値拾いの金買いなどに支えられ、堅調な展開となったものの、原油等のリスク資産は下落しており、全体的に方向感のない展開が見受けられた様だ。

さて、

続きを読む

テーマ : 日経平均先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

方向感無き展開

アジア時間では、米格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、ドイツやフランスなどユーロ圏15ヶ国の長期格付けについて引き下げる見通しを発表していたが、昨晩も同社は、欧州金融安定化基金(EFSF)の長期格付け「AAA(トリプルA」を引き下げ方向で見直す「クレジットウォッチ・ネガティブ」に指定している。

このため、ユーロはドルに対して一時的に下落する場面もみられたが、週後半の欧州連合(EU)首脳会議と欧州中央銀行(ECB)理事会を控え、一段の債務問題対策が示されるとの思惑や、利下げ期待も広がっていることから、一時的なものに留まった。

これを好感し米株式市場も堅調に推移する形となり、商品市場も全体的に落ち着いた動きとなり、アジア時間からは値を戻す形となっている。

さて、

続きを読む

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

S&Pの欧州圏見通し格下げの報せを受けて

昨晩会談した独仏首脳では、ユーロ圏の財政統合へ向けて新条約を制定する方針を表明した。

これを受けて、今週末に控えた欧州連合(EU)首脳会議で危機対応協議が進展するとの期待が膨らみ、欧州金融市場では債務危機波及が懸念されていたイタリアやスペインの国債利回りが大幅低下する形となった。

欧州の信用不安が後退したことで、株式市場でも買い安心感が広がったものの、S&Pが独仏などユーロ圏諸国の格付けについて引き下げ方向で見直すことを発表するとの報道が流れた事や、米商務省が発表した10月の製造業受注は前月比0.4%減少となり、また、サプライ管理協会(ISM)が公表した11月の非製造業景況指数も前月の52.9から52.0に低下した事等を受け、上げ幅を縮小する形となっている。

株式市場が上げ幅を縮小した事などで、利食いやテクニカル要因等に押される形となったNY金は、昨晩は反落する形となった様だ。

さて、

ウサギのポテトとほのぼの日記のかんたん自動相互リンク

続きを読む

テーマ : 株式・FX・投資・マネー最新情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

一日も持たない好材料

日米欧に英国とスイス、カナダを加えた6ヶ国・地域の主要中銀が前日、国際金融市場における流動性低下の回避を目指してドル資金供給の強化策を発表したのだが、わずか一晩で市場は正気に戻った様で、楽観ムードは後退する形となっている。

週末に発表の米雇用統計や、来週の欧州連合(EU)首脳会議を控えて様子見ムードが広がり、NY時間ではポジション調整の動きが主流となった。

又、欧州議会で証言した欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が、財政難に陥ったユーロ圏諸国の国債買い支えには「限度がある」と述べるなど、域内経済の先行きに慎重な発言を繰り返した事も冷や水となった様だ。

主要中央銀行6行が、米ドル資金スワップ協定の6カ月延長と、供給金利の引き下げに合意したことで、投資家の不安はかなり落ち着いたかにみえたが、欧州不安が燻る中では、さらに持続性のあるユーロ圏の解決策に期待する意向が強かった様だ。

世界の政策担当者らが金融システムの衝撃をできるだけ抑えようとしていることを、市場参加者に示し、市場参加者も待望の動きで受け止めたが、徐々に資金調達市場の懸念を和らげるための一時的な措置に過ぎないとの見方が優勢となっている。

本日は週末と言う事や今晩に米雇用統計を控えてアジア時間は積極的には行きづらい所で、その後は発表しだいといった所か。

相場観は十人十色。確率は1/2+αで結果は一つ。
他の人の相場観も参考になります。こちらからどうぞ。
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキング

【クリスマスツリー】ニューギャザーチップボールホワイトファイバーツリー 45cm
珍しいアンティークな土台のクリスマスツリー

◎ファンタスティックな雰囲気もLEDを使用。

●枝先までファイバーの先端を生かし、ギャザー加工を施しました。
ベースの回転盤の色の変化が鮮やかで全体的に光る仕様のクリスマスツリーです。
ファイバーLEDの美しいイルミネーションがにぎやかなクリスマスを演出します!
8,400円(税込)
商品詳細 カートに入れる
リアルマーケット リアル ドロップシッピング


【クリスマスツリー】ニューギャザーチップボールホワイトファイバーツリー 90cm
珍しいアンティークな土台のクリスマスツリー

◎ファンタスティックな雰囲気もLEDを使用。

●枝先までファイバーの先端を生かし、ギャザー加工を施しました。
ベースの回転盤の色の変化が鮮やかで全体的に光る仕様のクリスマスツリーです。
ファイバーLEDの美しいイルミネーションがにぎやかなクリスマスを演出します!
17,850円(税込)
商品詳細 カートに入れる
リアルマーケット リアル ドロップシッピング

テーマ : 商品先物取引
ジャンル : 株式・投資・マネー

主要中央銀行6行が協調

昨晩、日本銀行と米連邦準備制度理事会(FRB)、欧州中央銀行(ECB)、英イングランド銀行、スイス国民銀行、カナダ銀行の主要中央銀行6行が、協調してドル資金の供給を拡大すると発表された。

欧州発の財政・金融危機で欧米の銀行などがドル資金を調達しにくい事態が続いているため、中銀を通じてドル資金調達難に陥った主要銀行を支援する協調策で、6中銀が協力して資金繰りを助ける様だが、これを受けドルが売られ、ユーロや円が選好される形となっている。

これを受け株式市場ではNYダウが高騰する形となり、リスク選好の動きとなった。

又、米オートマティック・データ・プロセッシング(ADP)が公表した11月の全米雇用報告では、民間雇用者数は前月比20.6万人増加となり、市場予想の13万人を大きく上回る形となり、米雇用情勢に対する過度な不安が後退した事もリスク選好の動きを強めた様だ。

ユーロが上昇した事で、商品市場には追い風となり全体的に堅調な展開となっており、最近相関性の高い米株価が大幅上昇した事や、過剰流動性への不安を背景とするインフレヘッジの買い等を背景に金も大きく値を上げる展開となった様だ。

初心者でも簡単アクセスアップ法~初心者用SEO対策相互リンク

さて、

続きを読む

テーマ : FXで稼ごう!
ジャンル : 株式・投資・マネー

神経質な展開へ

昨晩は各マーケット神経質な展開となった様だ。

欧州債務危機の先鋭化が警戒される中、イタリア国債入札で応札倍率が上昇したことを手掛かりに、一旦ユーロは大きく上昇する形となったが、その後発表された、11月の米コンファレンス・ボード消費者景気信頼感指数が前月の40.9から56.0に急上昇した事で、更に上げ幅を伸ばす展開となっている。

株式や商品市場も連れて大きく値を伸ばす展開となったが、一服後は様子見ムードが高まっている。

その後欧州中央銀行(ECB)による不胎化オペの札割れが量的緩和ではないかとの思惑を呼び、ユーロが急落する形となり、上げ幅を消した事で、商品市場も堅調ながらも上値重く推移する形となっている。

さて、

風の相場観相互リンク

続きを読む

テーマ : 株価材料
ジャンル : 株式・投資・マネー

リスク選好一色には疑問が残る?

昨晩は国際通貨基金(IMF)による対イタリア支援報道が引き金となり、全体的にリスク選好ムードとなった。

IMF担当者は報道内容を否定したものの、29日のユーロ圏財務相会合や翌日の欧州連合(EU)財務相理事会を控えて何らかの新たな対策が出てくるのではないかとの観測が高まった様である。

このことでユーロが大きく買われた事が、商品市場へのサポートとなり、全体的に堅調な展開となっている。

又、米感謝祭連休中の消費増加が伝えられた事もリスク投資意欲を高め、NYダウも大きく上昇する形となっており、米経済回復期待感を背景に、ドルの買い戻しから円が売られ、ドル円は一時78円24銭まで上昇する形となった。

しかし

続きを読む

テーマ : 株価材料
ジャンル : 株式・投資・マネー

アクセス
プロフィール

Author:景気の風

相互リンク集
アクセスアップには相互リンクが有効です。
サイト内検索エンジン
↓サイト内キーワード検索↓
カテゴリ
ランキング
FC2ブログランキングにほんブログ村人気ブログランキングブログランキング【くつろぐ】ブログの殿堂FX・投資ランキング
コモディティ
商品先物ブログ・RSSナビはウェブコモ
最新記事
リアルタイムレート
為替レート&世界時計
FXの取引は「みんなのFX」で
クリックすると表示レートが変わります。 USD ⇒ドル/円
EUR ⇒ユーロ/円
GBP ⇒ポンド/円
AUD ⇒豪ドル/円
NZD ⇒NZドル/円
javascript電卓
電 卓
アマゾン投資本
ピアノ(※音量注意)
クリックで音が出ます
算数力トレーナー
Flashリバーシ
数独パズル
ホンダレースゲーム
FX業者キャンペーン詳細

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。